アパートやマンションは明確な分け方はありません。鉄筋か木造などの構造の違いや階数の違いで変わってきます。

地震に強いマンションの探し方
地震に強いマンションの探し方

マンションとアパートの違いはあるのか

マンションとアパートには違いはあるのでしょうか。街中にはコーポやハイツ、メゾンなどさまざまな名称がついた建物があります。マンションは綺麗で設備が整っていて家賃も高くて、新婚やファミリー層が住んでいるイメージがあるのではないでしょうか。アパートは学生が多く住んでいるイメージがあるはずです。しかしアパートとマンションには法的には明確に分けられているわけではありません。建築基準法でも消防法でもアパート、マンションは共同住宅と同じ区分なのです。適用される法律も同じです。その規模や構造で法律はさまざまな規制が出てくるのです。では何をもってこの両者の名称は区別されているのでしょうか。

名称を決めるのは建築主や不動産屋の場合が多いのです。決める基準はその人の主観なのです。その人がこれはアパートだといえば世間の人にはマンションに見えてもそれはアパートなのです。世間一般での分け方は、まず建物の構造が鉄筋かマンション、木造がアパートと分けられることが多いです。それが全ての大元の基準になるのです。それにより作れる階が決まってきます。耐震等の問題で木造では高い階層は作れません。マンションは鉄筋なので高層マンションも可能なのです。一昔前まではアパートは古びて設備もないとイメージがありましたが、今ではアパートの設備もマンションと遜色ありません。しかし注意しなければならないのが、木造は遮音性が低くなります。それ故に、ペット可能な物件やファミリー向けの物件にアパートはあまりないのです。アパートとかマンションか、決める祭はまず構造に注目してみるといいでしょう。

オススメワード